地域の事業の発展を真剣にサポートします。

(有)大和田会計事務所

所員のトピックスtopics

トップページ > 所員のトピックス

合理的な消費者へ

令和元年10月1日、消費税が増税されました。可処分所得が増えないうえ、増税や人件費・物流費の上昇により最終製品である生活用品にまで価格が転嫁されていく環境だと思います。お得な情報を利用して少しでも合理的な消費者を目指したいところです。

増税と同時に始まったキャッシュレス還元はキャッシュレス決済の加盟店でキャッシュレス決済を行った場合に2%又は5%がその場で値引き(コンビニ・クレジット決済等)又はポイント還元される仕組みです。この値引とポイント還元の原資は政府の補助金です。
意味するところは税金を課した上で、キャッシュレス決済を使う人に補助金として再分配をしていることであり、使わない人は過度に税金を負担する状態と言えます。是非制度を利用して税負担を軽減しましょう。

そのほか、マイナンバーカードの所有者がキャッシュレス決済を行った場合にマイナポイントというポイント還元を2020年度実施することが予定されています。キャッシュレス還元は令和2年6月までですが、マイナポイントはその後の消費活性化策です。どこかの時点でマイナンバーカードを取得しておいた方が良いかと思います。なお、マイナンバーカードは令和3年3月から健康保険証としても利用可能になる予定です。

(by M・K)

夏は汗をかくもの

令和最初の夏も暑かったですね。
皆様はいかがお過ごしでしたでしょうか。
私は恒例の税理士試験を受けてきました。

試験当日の8月6日も、猛暑でした。
先ずは、自宅から福島駅まで徒歩圏内のため歩いて行きましたが
暑くて途中のコンビニに駆け込み、休み休み駅まで。
続いて、福島駅から快速で仙台まで。
車中では、最後のあがきで参考書を熟読。

コンビニで休んだ事と、車中での勉強が悪かったようで
熱中症のようになりました。
体が汗をかきたいのに、コンビニで急激なクールダウン。
車中と安心しきって、窓際で頭に熱もたまる。
ダブルパンチで、電車から降りようとしたとたん
気持ち悪くなって、汗が噴き出してきました。

お昼に仙台について、試験は15時位のため
おきまりのパスタ屋に入って、お冷をたくさんもらって
スープパスタのスープだけいただきました。
(麺は残してしまい、申し訳ございませんでした。)
スープの塩を、これほど感じたのは初めてで、とても有難いものでした。

多少落ち着いたところで、ドラッグストアにて冷えピタを買って
頭と首筋にはり、なんとか会場へGO。
会場までも5~10分歩きがあり、辛いところでした。
会場についたら、補水液をとり充分に汗を流しました。
体が汗をかきたいときは、無理に止めてはダメなんですね。

試験前30分位には、調子も落ち着きましたので、Tシャツを着替えて
無事試験に臨むことが出来ました。
ただ、今度は試験中に冷や汗タラタラでした。

 

(by N・H)

「駆け込み需要がない」

令和元年10月1日から、いよいよ消費税率がアップします。平成26年4月に税率が5%から8%に上がる時には、世間では駆け込み需要が起こりました。当時は、「思いがけず2~3月の売上が良かった」という話をよく耳にしました。今回も、税率が上がる前の駆け込み需要が当然起こると予測していたのですが、税率が上がることによる消費の変化はそれほど無いというデータがあります。
その理由は、今回は政府で「駆け込み需要防止策」として、いくつか対策を打ったためとされています。①食料品などに適用される軽減税率、②キャッシュレス決済によるポイント還元、③自動車や住宅ローンの減税、といった諸政策により、消費平準化の対策が取られました。前回の増税時には、一時的な消費の増加が起こりましたが、それに伴い反動減が生じたことにより、景気後退へつながったと言われました。この教訓から今回は、様々な駆け込み需要対策が取られたのです。
しかしながら、そもそも消費が大きくないということについて、不安を感じる意見もあります。一時的な消費の増加は、結果として消費に対するモチベーションにつながったからです。今回とられた消費の平準化対策について、効果はあるのかもしれませんが、そもそも消費を増やすための対策が必要といえます。
景気対策も兼ねてよく言われるのが、賃金増加により可処分所得を増やすことで消費をアップさせる案です。従業員の身にとってみれば、ぜひそうなって欲しいと望みます。給料が上がったからと言って必ずしも消費を増やすとは限りませんが、貯めこまず投資に回すことも大事であるため、最近サボりがちな投資関係も見返してみようと思います。

(by Y・T)

「初孫の誕生」

4月に埼玉に住む長男に娘が生まれました。我が家にとっては初孫になります。
予定日はGWの期間中でしたが、少し早く生まれてきてくれたので、早速都合をつけてお産をした病院に会いに行きました。
可愛らしく感じるものですね。「目の中に入れても痛くない」の表現を身に染みて感じています。今は、便利な時代で、写真も動画もスマホに届くので、時間があるときに眺めています。本当に飽きがこないものです。
その後、お宮参りとお盆休みに孫に会いに行く機会が持てました。まだ、泣いている時間が長いくらいですが、時折見せてくれる笑顔は何物にも代えがたい嬉しさです。

嬉しい気持ちを抑えられずに、同世代のお客様に孫の誕生を報告したところ、その名も「初孫」の日本酒をプレゼントしていただきました。孫が生まれた方には、このお祝いを続けていらっしゃるとのことで、記憶に残るお祝いに改めて感謝です。

9月には、福島にも来てくれるので、甘々のジジババぶりを発揮して、うれしい時間を過ごしたいと今から楽しみにしています。

 

(by 大和田)

シルク・ドゥ・ソレイユ KURIOS

もう約4ヵ月前の話です。
4月23日仙台のあすと長町で公演されていた『シルク・ドゥ・ソレイユKURIOS』に行ってきました。
シルク・ドゥ・ソレイユは以前よりすごいから一度は見てみたいと思っていました。
数々のオリンピックに出ても良いくらいの人間技とは思えないものがたくさんありました。
そのなかでもいくつか紹介します。

・エアリアル・ストラップ
リボンにぶら下がりステージ上空でアクロバットするもので命綱がなかったようですが、床ギリギリまで下りる技がすばらしいものでした。

・ロシアン・クレードル
地上4メートルもある装置のうえで男性から空中へ投げられた女性が高度な宙返りを繰り出すものでした。こちらも命綱はないように見えました。

・アクロネット
ステージ全体を覆うほどのネットの上で、トランポリンの技を使うものです。天井まで届くほど跳ね上げることもあり、驚きです。 本当に床にスレスレのところから天井まで飛ぶ姿は迫力満点でした。

 

ほかにもたくさん演目がありました。どれも人間技とは思えないもので、オリンピックにも出場してもおかしくない技がたくさんあり楽しい時間を過ごすことができました。

 

全体を通して思ったことは、それぞれがプロ意識高いということです。 公演は週一の休みです。
調子も悪いも日も公演の中ではあることでしょう。それでも毎日同じ技をきちんと観客に提供できていることがすごいことだと思います。プロとしての意識の高さを感じることができました。

 

 

 

 

 

(by M・S)

ぜひ福島競馬場へ

競馬をするわけではありませんが、自宅から近いこと、子供の遊び場になることから週末には、福島競馬場へよく行ってます!先日で終わりました夏競馬は、なんと4週連続行きました!!生憎、お天気は良くはなかったのですが、たくさん楽しませて頂きました。
子供達に人気のプリキュアショー、仮面ライダーショー、大人にも人気な神無月さんのものまねショー、アンガールズさんによるトークショー等色々な催し物もあり、楽しい一時を過ごしました。
広い芝生に囲まれて、遊具もあるためファミリーも多く、競馬をされない方も楽しめる所ではないかと思います。もちろん、福島競馬開催時には、カッコイイお馬さんが駆ける姿も見れますよ!競馬場の宣伝のようになってしまいましたが、子供の遊び場の一つとして、私は推薦したいと思います。

2019.7.29

 

(by Y・H)

法人成り

今年の5月に設立登記が済みました。以前にも掲載した方で(友人が個人で事業を始める話や将軍の日)、東京で建設揚重業をしている友人です。
売上高は少しずつですが着実に増加しており、新規取引のお客様も出始めてと順調にきている話を3月にお聞きしました。起業してから3年目の年になることもあり、改めて法人化のメリットとデメリットについてもお話ししました。
従業員を雇用する方向で計画されていましたので設備投資(重機)も含めて法人化を進める話になりました。福島と距離が離れていることもあり、仕事の合間や夕方以降に電話での打ち合わせをしたため思った以上に時間がかかってしまいました。4月中旬ごろには打合せが終わり、5月に設立登記が済みました。
ひと通り手続きが済んだところで友人から「将軍の日」にまた参加したい話を言ってもらいました。正直に嬉しかったです。去年必要だと思い聞き入れてもらってよかったと改めて思いました。

(by A・K)

セ・パ交流戦2019 楽天VS広島

6月16日(日)楽天イーグルス対広島カープの交流戦を観戦してきました。場所は宮城県仙台市の楽天生命パーク、私の住む福島市からは車で1時間30分程です。
広島カープのファンになってから20年以上、私の熱狂ぶりが大きく影響し、今では妻も息子2人も、家族みんな熱狂的な広島カープファンです。家族が各々ご贔屓選手のユニフォームを着て球場へ出発!これが我が家の恒例行事です。
観戦したのは楽天イーグルス戦の第3戦目、1戦目は11対2の惨敗、2戦目は雨天中止、ここで負ければ首位陥落も見えてくる大事な3戦目、球場へ向かう道中、家族でスタメン予想や応援歌の確認など気合を入れてテンションMAXでの参戦です!
結果は、、、、先発ジョンソンが序盤に先制を許し苦しい展開のスタートでしたが、広島は1点を追う六回にバティスタのタイムリーで追いつき、七回には西川の逆転タイムリーで勝ち越し、さらに九回には會澤のダメ押しタイムリーで点差を広げ、終わってみれば2対4の盤石な試合運びで首位の座を死守しました。
終始小雨の降る肌寒い天気でしたが、寒さを忘れるほどの熱くシビれる試合で、試合に勝った喜びと大声で応援した爽快感で日ごろのストレスも少し解消された気がします。
広島も楽天も共にリーグ優勝し、またこの地で日本シリーズを観戦できることを楽しみにしています。

(by T.M)

 

 

老後資金2,000万円が足りない?!

金融庁金融審議会の報告書の中で、高齢者夫婦無職の1つの生活モデルで老後資産として2,000万円が必要になると示されました。ワーキングペーパーの内容を確認すると収入が約21万円、支出が約26万円で毎月約5万円超の赤字が生じ、30年では2,000万円の金融資産の取り崩しが必要になるとの記述でした。

この収入の内訳をみると社会保険給付191,880円って平均値が厚生年金で相当押し上げられていそうな気が・・・。支出の内訳をみると食料64,444円・・・、住居13,658円は家賃支払うと絶対無理だから一戸建てを建てた上での前提?それでも固定資産税で厳しくないか?、光熱19,267円って寒いところだと暖房費かかって厳しい・・・、その他の消費支出54,028円と非消費支出28,240円ってそもそも何・・・?ローン返済?

国は少子高齢化で財政負担が厳しくなる一方で社会保障を抑制する方向に動き、企業はベースアップを図る一方で退職金規定を廃止する等の動きがみられ、企業年金掛金の費用負担を減らす方向に動くと想定されるため、個人の自助努力はますます重要になってくると考えさせられます。

国が個人の生活に対する責任(社会保障)をどこまで持つべきか、また企業は個人の生活に対する責任(退職金制度・企業年金制度)をどこまで考えてあげるべきか、個人の自助努力(貯金・保険・iDeCo・NISAなど)でどこまで対応すべきかは国民として考えて投票行動・経済活動をしたいと思い起こさせる話題でした。

(by M・K)

メルカリでのお買いもの

遅ればせながら、最近メルカリにはまっております。
買うものは主に、バレエ関連のDVDが多いです。
疲れた時にDVDを見ると、気持ちが安らぎます。
(安らぎ過ぎて、寝てしまう事も多々あり)

メルカリでは、古いものから懸賞品等の非売品まで
様々な物が商品となり、それを必要とする人が購入していきます。
値段も需要と供給のバランスが生きており
購入を悩んで、静観していると、値段が上がったり
下がったりと、まさに経済の法則が体感できる世界です。

最初はおっかなびっくりで、購入していましたが
値引き交渉が出来るまで成長しました。

メルカリは最後に
購入者も販売者もお互いを評価するシステムになっています。
そのシステムがあるからというわけではありませんが
いままで誠意のある取引が出来ています。

見知らぬ人と、取引の最中もコメントのやり取りをしますが
そこも勉強の場と考えるようにしました。
当初は『商品発送しました。』に対し「ありがとうございます。」位の
やり取りでしたが、商品に対する想いをコメントすると
それにのっていただける相手の方もいます。
どうしたら、会話にのっていただけるか?
見ず知らずで、ほとんど情報の無い方との会話の糸口を探すのは
仕事にも生かされると思います。

(by N・H)

 

最近、興味のあること


(画像はサイトよりお借りしました)

30代になったからか、食事に気を付けなくなったからか、食べる量が増えたからか、運動をしなくなったからか、食べたいものが増えたからか、動くのが億劫になったからか、理由はよく分かりませんが、太りました。
ゴールデンウイーク中、久々に会った母にまで、だらしないと言われ…、痩せたいです。8月の税理士試験が終わったらジムに通おうか。でも面倒だから、できれば家で無理なく毎日コツコツ続けられることの方が良いのです。そこで、お手軽なダイエット機器に関心が高まってきました。
ダイエットも勉強も、経理業務も毎日コツコツ無理なく続けて、成果を出せたら良いなと思います。

(by Y・T)

 

「素晴らしいお花見日和でした。」

「三日見ぬ間の桜 ( みっかみぬまのさくら )」と言われるように、満開の見頃の短い桜。
このはかなさも、桜を愛する日本人の心情にあっているとは承知していますが、見頃を逃したくないと思うのも又、人情です。
隣の宮城県の「白石川堤の一目千本桜」は、さくらの名所100選に選ばれる有名な桜の名所ですが、さくら並木の景色の見事さにひかれて、都合がつく時には出かけています。
もちろん、花の盛りは短く、出かけられるのは休日となりますので、うまく見頃に合わないことも。今回は4月中旬の休みに合わせて、早起きして出かけました。
朝の8時ころに到着。まだ、河川敷の駐車場に止めることができましたが、帰りがけには、周辺の道路や高速道の出口が渋滞になり、人気の高さが伺い知れます。
天気は快晴で雲一つない青空で、桜も満開。まさしく観桜日和です。風もなく、川面に映る逆さ桜も又、見事でした。まだ早い時間のせいか、散策道は十分に余裕をもって歩けます。大河原町の桜まつり会場から柴田町のしばた千桜橋まで往復し、さくら並木を堪能することができました。
桜好きの気持ちが高じてしまい、翌週は近場の桜の開花時期に合わせて、川俣町の「秋山の駒桜」、二本松市の「合戦場のしだれ桜」を鑑賞しに出かけました。
毎年の忙しい3月の確定申告時期を無事に乗り切ったご褒美に、来年は、少し離れた場所の桜の名所を訪ねてみたいと願っています。

 

 

(by 大和田)

天国からの贈り物と天国へのメッセージ

もう半年以上前の話になります。
名刺入れがずっと使っていたこともあり、色落ちや破損がみられてくるようになり、『買い替えは絶対にしたくない』『修理屋でなおしてもらおうか』『もっと大切に使っていれば良かった』などを考えていました。

この名刺入れは15年以上前に、それまで使っていた名刺入れをなくしてしまいました。『それがショックだ』『急遽コンビニで安っぽいものを購入するしかなかった』などを友人Yさんに愚痴をこぼしました。
それから数日後また会った時に中合デパートの包み袋をもってきて、『名刺入れ落としたって、言っていたでしょ。 これちゃんとした某ブランドKeのだからプレゼントするから使って』とプレゼントされました。(誕生日プレゼントかクリスマスプレゼントが近いでしょとだからと言っていたはずですが、忘れてしまいました) プレゼントをされるとは思っていなかったので、うれしかったことを今でも覚えています。
それからずっと愛用し続けていました。

その友人Yさんは、11年前に28歳という若さで天国へ旅立ちました。

亡くなってからしばらくは、月命日には必ず塙町のお寺と仏壇のある棚倉のご自宅に行っていました。しかし、私が、毎月行ったらご家族が忘れられないでは、との思いがあり、今はときどき、お線香とお花をあげに行くくらいにしています。

そんな状態で2018年の命日をまた迎えました。本当の命日は11月24日ですが、平日だったこともあり、11月23日午前中に仕事を済ませ、棚倉町にお線香とお花をあげに行ってきました。

訪問すると友人Yさんのお母さんに、いつも対応していただきます。そのお母さんが、
『11年目でやっと気持ちの整理がついてきて遺品を少し整理してみたの』『これが出てきたから。もし良かったら使ってやって』と、生前好きだった郡山のうすいデパートにある某ブランドLの名刺入れと5円玉のお守りを頂きました。

天国からのプレゼントでした。『驚き』、『天から見守られている』、『物を頂いた感謝の気持ち』で涙がでました。

生前はよく手紙のやりとりしていました。もし今、天国へ手紙をだせるなら、『ありがとう』の一言だけ書きたいです。生前にいろいろ楽しい思い出、苦しい思い出などを共に過ごせたこと、いろいろ知識や教養を教えてもらえたこと、人とのコミュニケーション力を高めてくれたこと、今回のことも含めて。

今回の出来事では

【損得で行動はしてはいけない】
【自分をしっかり知る=自惚れや油断はしてはいけない】
【周りへの感謝の気持ちを忘れてはいけない】

と天国で言ってくれているような気がして、自分自身戒めることができました。

(by M・S)

富岡町夜ノ森の桜のトンネル

先日、福島県富岡町の夜ノ森の桜を見に行ってきました。
夜ノ森の桜並木を見に行く事は私にとって、ここ数年恒例の行事になりつつあります。

会津地方出身の私は、浜通りの地理が疎く、お恥ずかしい話ですが、震災後まで富岡町に『夜の森』というこんなにもロマンチックな地名と、こんなに素敵な桜並木があることを知りませんでした。
震災後2017年に7年ぶりに復活した夜ノ森の桜を見た時に、所謂『ゴーストタウン』と化した町に堂々と綺麗に咲き誇る桜を見て『誰もいなくても、誰に見られなくても桜は綺麗に咲くんだ』と、
何とも言えない嬉しさと寂しさを同時に感じたのを覚えています。

桜まつり復活後3度目の桜、満開には少し早かったような気もしましたが、今年も綺麗に咲いてくれていました。今年は桜まつりの日程で訪れる事ができたので、地元の人たちによるたくさんの屋台も堪能する事ができました(花より団子ですね…笑)
震災以前と同じとはいかないまでも、復活後毎年訪れていると、確実に復興に一歩ずつ近づいているのが分かります。夜ノ森の桜を見に行く事は私にとって、福島の復興を感じられる唯一の時間です。
『また来年…』
少しずつ少しずつ、復興が進んで帰れなかった人達が地元に戻れるよう、夜ノ森の桜と共に見守っていけたらなと思う時間でした。

(by M・S)

6回目の入れ替え

6代目の車が3月末に納車されました。久しぶりのマニュアル車ということもあって納車された日は嬉しくて、季節外れの雪の降る中をノーマルタイヤで、あてもなく遠出をしました。久しぶりすぎてクラッチのタイミングを外してエンストしてしまい慌てました。

前回の車検の時に事務所のお客様である㈱オートメカニック様より次の車検は金額的に大きな修理が必要なことを言われていました。更に前年にはサスペンションが痛んできており、9年目で16万㎞ということもあって最終的に修理を断念して乗り換えることにしました。

㈱オートメカニック様からは注文から納車までに時間がかかるので早めに動く事を進められていましたが、昨年末ぐらいから検討を始めました。しかし、なかなか決めかねているところに連絡をもらい相談にのってもらいました。

最終的には最初に決めていた車ではなく、別の車になり、注文後に何度かオプションの追加もしてもらい、部品待ちで納車を遅くしてしまいました。希望を汲み取ってもらい、かなり手をかけて予想以上に仕上げて頂きました。

毎日、仕事とにらめっこです。たまに、天気の良い日は会社をサボってドライブに行きたくなります( ;∀;)

(by A・K)

卒業シーズン

3月といえば卒業シーズンです。我が家の長男も今年3月、6年間通った小学校を卒業します。入学当初6年間は長いと思っていましたが、振り返ってみるととても短く、少しの寂しささえ感じます。

入学時、引っ込み思案で内向的な性格の長男を、「友達はできるだろうか」「学校生活を楽しめるだろうか」と心配していましたが、親の心配を余所に、すぐに友達ができて楽しそうに通学する姿を見て、とても安心したことを懐かしく思い出します。

『子供の成長にしたがって、親は「保護者」から「親」へ成長しなければならない』という言葉を聞いたことがあります。今まさに「保護者」から「親」への転換期なのかもしれません。

子供の成長した姿を見て、これからは「親」としての役割をしっかり果たしていかなければならない!と強く感じています。

(by T.M)

キャッシュレス決済

消費税増税の対策として、キャッシュレス決済を使った消費者に対し、ポイント還元が実施されます。そこで、キャッシュレス決済で使える店舗数を増やすために、キャッシュレス決済のd払い、ペイペイを登録して使ってみました。
元々、クレジットカードやnanacoは使っていましたが、今のキャッシュレス決済はd払いやペイペイの利用の中でクレジットカードの支払を選択できる点が便利で今になって気づきました。クレジットカード情報をスマホのd払いアプリ・ペイペイアプリで登録をして、クレジットカードの役割を果たしてくれるのです。d払いやペイペイのないところではクレジット払いは使えませんが、d払いやペイペイのポイントを稼ぎ、クレジットカードのポイントを稼げるのが効率的で、さらにポイント還元策の波に乗ればポイントだらけになりそうです(笑)
Tカードも別途提示してTポイントがついて、予期しないところで追加ポイントもつくことに気づき、世の中いろいろあるのだなと改めて感心しています。
また、レシートをみてもd払いの表記がクレジット払いなのかdポイント払いか判別がつかず、会計面では二重記載の検証で悩まされそうです。スキャンによるレシート読込、インターネットバンキングや電子マネーとのAPI連携による自動仕訳等の会計の記帳も様々な情報がどのように流れ、ダブリの情報をどのように対象外として取り込んで処理するかを検討しているとAIが会計処理して楽になる(仕事がなくなる)時代はまだ先のように思えてきました。

 (by M・K)

スキー靴の買い替え

今シーズンは雪が降るのが、はやかったため正月休みから
スキーに行くことが出来ました。

徐々に体力がもたなくなり、ここ数年は半日券で充分なくらいです。
さて、滑ってみて半日にさしかかると、足に痛みが出ました。
もはや、半日も体力が持たなくなったかと正直驚きでした。

徐々に痛みが増したので、スキー靴のあたりをよくよく
見てみると、何と靴が割れているではありませんか。
痛みは、これが原因でした。
靴も経年劣化でプラスチックが割れると聞いた事はありましたが
実際その場面に出くわしたのは初めてです。
靴を何時買ったか正確に思い出せず、おそらく10年は
経っているので、割れて当然と言えば、当然でしょう。

今までの靴に感謝しつつも、さっそくゼビオにGO。
一応スキーの級持ちなので、スキー用品のなかでも特に靴だけは
良いものをと、思っています。
知識が無いなりにも、ネットでは、ラングやレグザムという
メーカー名を目にするので、一番に試し履きしました。
結果は、足幅のある自分には窮屈でした。

あれこれ試して、サロモンの年式落ちのものにしました。
インナーを焼けるタイプだったので、当然やりたくて
やってもらいました。
(前からインナーを焼くことに、あこがれていました。)
そこで、店員さんが説明してくれたのは
「靴を履いたら最初に、かかとをトントンして、かかとの位置を
きめる。つぎに脛側のバックルをしめる。最後に足の甲の
バックルをしめる。」という事でした。
さらに、バックルも軽く閉じる位置で締めるのが良いそうです。
きつく締めすぎると、血の巡りにも良くないし
軽く締めてちょうど良い靴を探すのもポイントだそうです。
スキーはかかとの部分も重要になってくるので、なるほどと
思いました。

最近は売り場面積がスノーボードに押されているので
こんな情報をおしえてくれる店員さんは、貴重な存在に
なってきているのではないでしょうか。ありがとう。店員さん。

コラムH

 

 

 

 

 (by N・H)

「確定申告の時期となりました」

2月6日、税理士会主催の「確定申告実務研修会」へ参加してきました。

今回、個人的にポイントと思った点は、譲渡所得があった場合に、国民健康保険料(75歳以上の方は後期高齢者医療保険料)の計算にも影響する点です。個人的に忘れてしまいがちになるのですが、確定申告をすると、住民税はもちろん、前年の所得をもとに計算する国民健康保険料または後期高齢者医療保険料の金額にも影響してきます(計算方法が異なる社会保険料は影響しません)。

さらに、75歳以上の方は医療費の自己負担が1割(現役並みの所得者は3割)ですが、土地の譲渡があった場合などは、その年だけ所得がグッと増えることとなります。そのため、窓口負担額が1割だったものが突然3割になった、ということがあるので、譲渡所得の申告をする方へは、その点も忘れずにお伝えしたい点です。

今回の研修会では、上記のことについて留意点として説明があったため良かったです。申告書を作成して、お客様へ所得税・住民税の納付予定額を報告して、終わった!ではなく、所得税以外への影響についても言及できると、ベテランの仕事と思ってもらえると思うので、そのように心掛けたいと思いました。

(by Y・T)

「懐かしい仲間との幸せな時間」

年齢を重ねてくると、自然と幼い頃や高校・大学の友人と無性に会いたくなります。
懐かしさだけではなく、いつ会えるか分からない思いが突き動かすのかもしれません。
ちょうど、昨年の11月上旬に福島の地で、大学のサークルの同期会を3年ぶりに開きました。資格取得を目指したサークルですが、集合した仲間は同業者(税理士)以外にも、教職員、銀行員、営業職、警察官と様々です。初日の宴席の話題も、家族や健康などお互いの近況以外にも、子育てや介護の苦労話まで話題まで尽きることがありません。腹を割って、身の回りの心配ごとを話せ、また思い出話に大笑いできる気の置けないひと時でした。
多感な大学時代を共に過ごしたせいで、責任ある重職についている仲間も呼び捨てや俺・お前の関係にすぐに戻れて、この距離感が普段は味わえない幸せな時間です。
今回は、東北・福島の地で開催しましたので、紅葉の時期に合わせてドライブと、少し足を延ばして、会津若松で酒蔵見学と会津のB級グルメのソースかつ丼を味わって頂き、定番の鶴ヶ城に登城してお開きにしました。3年後には、幹事の声掛けで、千葉の地で開催予定ですが、還暦後の再会も、元気で現役で迎えられるように精進したいと思います。

また、この年始には、高校時代の同級生6名でミニクラス会を開きました。遠くから帰省する友人に会う理由で、地元で暮らす仲間を集めての半年に1回の飲み会ですが、丁度良い頻度のようです。
こちらも、定番の近況報告に加えて、定年に向けての情報交換や子育てを終えた夫婦の過ごし方など、同世代でないと分かち合えない話題ばかりでアッという間に時間が過ぎます。
長く続く友情に感謝し、健康で酒を酌み交わす関係を大切にしていきたいと思います。

 (by 大和田)

1/6 ページ12345...最後へ »

お問い合わせcontact

ご相談・ご質問などお気軽にお寄せください

(有)大和田会計事務所
(有)大和田会計事務所
〒960-1101
福島県福島市大森字鶴巻6-17
FAX 024-546-2055

024-546-2050受付時間 8:30~17:00

メールでのお問い合わせ24時間受付 年中無休