地域の事業の発展を真剣にサポートします。

(有)大和田会計事務所

image003

大和田会計ニュース 第126号

「事業承継の際の融資制度」について

事業承継の際に資金が必要な場合には、
①後継者が、相続や贈与で自社株式や事業用資産を取得する場合の納税資金
②役員や従業員が事業を承継するために株式や事業の一部を買い取る資金
③経営者交代で信用状態が悪化して、借入条件や支払条件が厳しくなる場合
があり、いずれも簡単に資金調達ができませんでした。

これを解消するために、日本政策金融公庫では、後継者の個人事業主や代表者に対して
の低利融資制度を設けています。

融資の受けられる場合

(イ)  会社又は個人事業主が、後継者不在などで事業継続が困難になっている会社から、事業や株式の譲渡で事業を承継する場合
(ロ)  会社が株主から自社株式や事業用資産を買い取る場合
(ハ)  後継者の個人事業主が事業用資産を買い取る場合
(ニ)  経営承継円滑化法の認定を受けた会社の代表者個人が自社株式や事業用資産の買い取りや、相続税や贈与税の納税を行う場合
融資の条件  (政策公庫:中小企業事業の場合) (イ) 融資限度額  7億2千万円(うち運転資金4億8千万円)
(ロ) 融資利率   通常1.16%の基準利率のところ、0.76%の特別利率を適用(融資期間5年の場合。平成29年11月現在)

 

また、経営承継円滑化法に基づく認定には、都道府県知事へ申請書の提出が必要となり
ます。申請書は、各都道府県の担当課に提出します。
(認定申請書の主な記載事項)
①事業承継を行うこととなった原因  先代経営者の死亡又は代表者の退任

②事業活動の継続に支障を生じさせる主な事由
・申請者が、申請者以外の者が有する株式を取得する必要があること
・申請者が、申請者以外の者が有する事業用資産を取得する必要があること
・申請者の売上高が減少することが見込まれること
・仕入先から取引条件について申請者の不利益になる変更がされたこと
・取引金融機関との取引に支障が生じたこと

(文責 税理士 大和田利明)

レジについて思うあれこれ

消費税の10%への増税が平成29年から平成31年10月に延期と決定したのは、平成28
年のことでした。先の衆議院選挙の結果を踏まえても、来年1年をかけて少しずつ準備をして
いかなければならないと思います。
詳しいことについては、今後随時ご案内してまいりますが、今回は税率変更時に必要にな
ってくるレシートの変更点にあわせて、レジシステムについて思うあれこれを、お話しいた
します。

image001

 

先ずは、左記をご覧下さい。
前回延期となった複数税率を採用した場合のレシート
として国から提示されていたサンプルです。

軽減税率(消費税8%として残るもの)は、大まかに
酒類を除く飲食料品と新聞です。それらの商品を取り
扱う事業者は、領収証・請求書等で、明確な区分表示を
行う必要が出てきます。

今までは、税率が単一でしたので、レジにしても内税・
外税と比較的単純なシステムで済んでいました。とこ
ろが、今後は商品単位で税率設定を必要とするため
今までのレジでは対応出来ないところも出てきます。

 

そこで、活用したいのが軽減税率対策補助金です。
中小企業が、複数税率への対応をするためにレジを買い替える必要がある場合に国から
補助金が出る制度です。
対象となる事業者は、継続的に軽減税率品目(食品等)を扱う事業者に限られますが
取扱量の大小までは問われないようです。
現行では、平成30年1月31日で補助事業終了とされていましたが、平成29年11月
22日付けで、補助事業期間が平成31年9月30日まで延長されています。

軽減税率補助について調べていたところ、今のレジシステムでは廉価でPOSシステムに
対応するものも出てきて驚きました。POSとはPoint Of Sales=販売時点情報管理の事
で、商品やお客様の売上動向が情報として確認出来るものです。
大手コンビニでは、電子マネー等の情報から、一人一人のお客様が何を購入して行くのか
を確認する事も可能だそうです。これにより、仮に1日に数個しか売れない商品でも、足繁
く通っていただける上得意様が、欠かさず購入していくものであれば仕入を止めない対策
までしているそうです。

補助金対象になるお客様だけではなく、皆様もこれを期に、売上情報が管理できるレジ変
更について検討されてみてはいかがでしょうか?先ずは情報が取れる事が必要条件ですが、
そこからヒントが得られる活用が出来れば、設備投資が生きてきます。

PDFはこちらから

 

所員のトピックス 青山学院大学原監督のセミナーへ

四半期に1回お客様と経営会議を行っています。最近は人事評価法と育成が議題にあがることが多いです。そんな中、お客様と人材育成や指導法などの話で、青山学院大学の原晋監督の話題となり、偶々MAP経営様の企画で第1回未来会計フォーラム(顧問先様も参加可)が11月17日にあることを思い出し、お客様をお誘いし一緒に参加してきました。

原晋監督は決してエリートではない選手・指導者でした。
青山学院大学というと箱根駅伝からしばらく遠ざかっているチーム。
そのチームをどのようにして連覇のできるまでのチームを作り上げていったか・人財を作り上げていったかの講演会でした。

成功術を何点かご紹介します。

イ)成功するためのポイント
①『30年後の自分』を思い描く
②『半歩先』の目標設定を実践
③『できるための方法』を考える
④本気だからこそ「悔しい」と思える
⑤話をすること 提案することを よしとせよ
⑥大義を揚げ「三割理論」で立ち向かう
⑦「個人と組織」両輪で評価する
⑧「一体感」をもたせる
⑨怒るより「アドバイス」
⑩最後はなんとかなるさ
10項目が示され「誰が言ったかではなく 何が正しいのかを自分の頭で考えて行動すること」「心理的安全性」を確保することが大切と語られました。

ロ)4つのステージ
ステージ1
監督がティーチング・しつけを教える

ステージ2
自覚期 選手のリーダーに教えることを中心として権限を委ねる
監督の方針が末端には浸透しないデメリットはありますが、リーダーには教える側の自覚が生まれる

ステージ3
コーチング期 どんな選手になりたいか投げかけ、監督は答えを教えない。
自主性が生まれるが、自由とはき違え、軽い空気になることもあるので「人としてどうあるべきか」「理念」は伝え続ける

ステージ4
支援型 フィジカルトレーナー・メンタルトレーナー・栄養士など外部指導者を読んで監督は話し合いに参加する サポート中心に

ハ)和を乱すものはみんなを不幸にする
チームの和を乱したり、方針に従わない人がいれば、すべてが不幸になる チームがだめになってしまうため、はっきりとお引き取り頂く。

以上です。

駅伝のチームと経営とは一見すると関係が無いように感じます。しかし、先の自分を思い描く・半歩先の目標設定は、中期経営
計画・単年度経営計画・MAS監査と共通する部分です。

ちなみに経営計画といえば数字の予算を思い浮かべる方もいると思います。数字ばかりではなく具体的に 会社の課題を抽出する ⇒それについて いつ 誰が どのように行動していくかを決める ⇒その実行した結果どのようになったかを検証する ⇒検証のもとに次の行動を改善するものです。数字ばかり追うと長続きできません。

今後の自分自身の考え方やお客様のアドバイスに活かしていきたいと思いました。
研修翌日早速、岩瀬書店八木田店で書籍を購入しました。下の写真です。興味あるかたはぜひ年末年始にお時間ある時に読んでみてはいかかでしょうか。

 

 (by M・S)

 

NEWS

所員のトピックス

お問い合わせcontact

ご相談・ご質問などお気軽にお寄せください

(有)大和田会計事務所
(有)大和田会計事務所
〒960-1101
福島県福島市大森字鶴巻6-17
FAX 024-546-2055

024-546-2050受付時間 8:30~17:00

メールでのお問い合わせ24時間受付 年中無休