地域の事業の発展を真剣にサポートします。

(有)大和田会計事務所

所員のトピックスtopics

トップページ > 所員のトピックス > スキー靴の買い替え

スキー靴の買い替え

今シーズンは雪が降るのが、はやかったため正月休みから
スキーに行くことが出来ました。

徐々に体力がもたなくなり、ここ数年は半日券で充分なくらいです。
さて、滑ってみて半日にさしかかると、足に痛みが出ました。
もはや、半日も体力が持たなくなったかと正直驚きでした。

徐々に痛みが増したので、スキー靴のあたりをよくよく
見てみると、何と靴が割れているではありませんか。
痛みは、これが原因でした。
靴も経年劣化でプラスチックが割れると聞いた事はありましたが
実際その場面に出くわしたのは初めてです。
靴を何時買ったか正確に思い出せず、おそらく10年は
経っているので、割れて当然と言えば、当然でしょう。

今までの靴に感謝しつつも、さっそくゼビオにGO。
一応スキーの級持ちなので、スキー用品のなかでも特に靴だけは
良いものをと、思っています。
知識が無いなりにも、ネットでは、ラングやレグザムという
メーカー名を目にするので、一番に試し履きしました。
結果は、足幅のある自分には窮屈でした。

あれこれ試して、サロモンの年式落ちのものにしました。
インナーを焼けるタイプだったので、当然やりたくて
やってもらいました。
(前からインナーを焼くことに、あこがれていました。)
そこで、店員さんが説明してくれたのは
「靴を履いたら最初に、かかとをトントンして、かかとの位置を
きめる。つぎに脛側のバックルをしめる。最後に足の甲の
バックルをしめる。」という事でした。
さらに、バックルも軽く閉じる位置で締めるのが良いそうです。
きつく締めすぎると、血の巡りにも良くないし
軽く締めてちょうど良い靴を探すのもポイントだそうです。
スキーはかかとの部分も重要になってくるので、なるほどと
思いました。

最近は売り場面積がスノーボードに押されているので
こんな情報をおしえてくれる店員さんは、貴重な存在に
なってきているのではないでしょうか。ありがとう。店員さん。

コラムH

 

 

 

 

 (by N・H)

お問い合わせcontact

ご相談・ご質問などお気軽にお寄せください

(有)大和田会計事務所
(有)大和田会計事務所
〒960-1101
福島県福島市大森字鶴巻6-17
FAX 024-546-2055

024-546-2050受付時間 8:30~17:00

メールでのお問い合わせ24時間受付 年中無休